シルバーアクセサリーは魅惑のアクセサリー

1.魅惑のシルバーアクセサリ

アクセサリーの中でも、シルバー・アクセサリーは、白く上品な輝きを放つアクセサリです。 古くから銀は、魔よけや幸運を呼ぶ貴金属として世界中で愛用されてきました。金属の中で光の反射率が最も高く、黒ずんだものでも、磨けば元の輝きを取り戻すところも愛用されてきた大きな理由のひとつです。

光沢仕上げのほか、いぶし銀という、黒色がかった深い味わいのある色をつくる銀製法もあり、シルバー・アクセサリーの中でもしぶい大人のイメージを演出するアイテムとなります。 シルバー・アクセサリーの歴史は古く、古代メソポタミア文明のウルの遺跡で、紀元前2600年ごろの宝飾品が見つかっており、金などとともに価値あるものとして扱われてきました。 古代インドやエジプトでは、ゴールドよりもシルバーの方が価値が高いとみなされていたこともあったとされています。 銀が広まったのは、16〜17世紀ごろ。メキシコでポトシなどの大銀山が発見されたことにより、大量の銀がヨーロッパにもたらされたことが原因の1つです。そして、アメリカインディアンにより、現在の銀細工技術が始まり、今では、インディアンジュエリーとして世界的に有名です。インディアンの部族によって手法が分かれ、ターコイズ(トルコ石)を配したシルバー・アクセサリーなどは、力強い味わいがあります。 シルバー・アクセサリーによく使われる銀は、スターリングシルバー(シルバー925)といいます。銀含有量は92.5%で、強度を持たせるために、銅など他の金属を7.5パーセント含みます。銅のほかに金やパラジウムを入れた、ピンクシルバーというピンク色のシルバーもあります。 ブリタニア(シルバー950)は、他の金属を5パーセント含み、彫金などハンドメイド・アクセサリーに向きます。 純銀であるサラ(シルバー1000)は、アクセサリーにはやわらかすぎて、通常は加工に向きません。アクセサリーにするには、通常の5倍以上の手間と技術が必要だそうです。 一口にシルバーといっても、鉛やニッケルなどを含んだり、メッキされている場合があります。金属アレルギーの方は精度の高いシルバー・アクセサリーを選ぶ必要がありますね。99%純銀に近いものを選ぶとよいでしょう。 手づくりもできるシルバー・アクセサリー。純銀線という金属の糸を編みこんでつくる純銀クロッシェは、新しいシルバー・アクセサリー技能です。純銀クロッシェ技能認定講座というのもあります。 見て楽しむ、選ぶ、買う、つくるシルバー・アクセサリー。本物のシルバー・アクセサリーを身につけたら、心はもうセレブですね。


2.大人の魅力のシルバーアクセサリ

 アクセサリーの中でも、シルバー・アクセサリーは大人の魅力を放つ、アクセサリーと言ってよいでしょう。 頭の上から、ティアラ、イヤリング、ピアス、ネックレス、ペンダント、ラリエット、ブローチ、ブレスレット、バングル、アンクレットとさまざまな形態のアクセサリーがあります。本物の銀の輝きは、大人のファッションのポイントです。どんなシルバー・アクセサリーを買おうか、つけようか、考えただけでもドキドキして楽しいですね。 シルバー・アクセサリーは男性にも似合います。ドラマや舞台、雑誌で、イケメンの胸に光るシンプルなシルバー・ネックレスなんて、やっぱりかっこいいですよね。シルバーが変色して黒光りするのも魅力のうちなんだそうです。また、変色しやすいシルバーを、専用の布や液で磨いて新品同様にお手入れしてあげるのも、愛着がわくというものです。 銀製品のブランドとして有名なのは、ティファニー。ここは女性向け、男性向け、ユニセックスといろんなシルバー・アクセサリーが出ています。 シルバー・アクセサリーの代名詞ともなったクロームハーツも多くの芸能人が愛用しています。 国産のシルバーブランドも負けてはいません。国際宝飾展において、6年連続「ジュエリーベストドレッサー賞」の贈呈商品に選ばれたクロスフォーニューヨークなど、いろんなブランドがでています。 シックに、カジュアルに、洗練されたシルバー・アクセサリー。本物のブランドをとっておきの日に身につけてみたいものです。

シルバーアクセサリ(rakuten shop)   ティファニー   クロムハーツ   クロスフォーニューヨーク

posted by brandy at 01:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

今まで縁なんてないと思ってた…ホントに諦めかけてたけど、
ここでとうとうチェリーさんをプレゼントできたぜ!
もう誰にも半人前なんて呼ばせねえZE!!
http://l4ab0b7.pen.vecter7.net/
Posted by ありがとう…ありがとう!! at 2011年01月16日 08:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。